CMの6割、視聴者の心に届かず

0
    2008年4月から09年3月までの1年間に流されたテレビCM1万7765作品のうち、約6割が視聴者の印象にほとんど残っていないことが、民間調査会社「CM総合研究所」(東京・港区)の調査でわかった。
    (中略)
    その結果、CMを出した2019社中、777社のCM1万147作品は全く記載されなかった。その中には、一つの商品のCMに最大3億円以上を費やした企業が3社あったほか、年間に最大で905回流していた企業もあった。
    YAHOO!ニュースより転載)


    うーん、やっぱりそうだったか、という感じですね。
    僕も含めて周りの人達にも「テレビCMはあまり見ない」という人が多かったので、予想通りといえば予想通り。
    昔ほどテレビCMの話題が会話に出る事もなくなりましたし…。

    タレントを売りたいのか商品を売りたいのか分からないCMも多いですし、インパクトを求めるあまり商品の詳細が全く分からなかったり、ただ笑って終わるだけのCMも多い様な…。

    ただ消費者がテレビCMを見なくなったというのは「消費者がメーカーの売り文句を聞き飽きた」とか「HDDの普及でCMカットが楽になった」、「テレビよりインターネットに接する時間が長くなった」など、多くの原因が絡み合って行き着いた結果だと思います。

    あとは「映像」や「作品」としてのクォリティは軒並み上がってると思うのですが、逆にそれが「平均化」をもたらしてしまい「印象に残るCM」がなくなってしまったのではないかな、という気もします。
    (個人的には単に「最近のテレビはつまらなくなったなあ」という一言で済んでしまうのですが)

    ともかく僕たちの様な「販促屋」は、こういう事実をしっかりと受け止めて「じゃ、どうすれば消費者に届くの?」と言う事をきちんと考えなきゃいけないな、と改めて思いました。

    総裁選

    0
      福田総理が突然辞任したのを聞いて、ちょっとびっくりしました。
      まさか安倍さんに続いてわずか1年足らずでまた総理が辞めるとは…。
      普通に考えたら、これはちょっと異常な状態ではないでしょうか。
      コロコロと政治のトップが変わるなんて、一体日本はどう成長していけばいいのか誰も分からないという事でしょう。

      でも、今の時期は誰が総理大臣をつとめても変わらないのではないかな?という気もします。
      前回の総裁選が麻生さんに決まったとしても、もしかしたら同じ様な結果になったのかもしれません。

      ビルゲイツ本人がマイクロソフトに苦情

      0
        ビルゲイツ本人がマイクロソフトに苦情、Windowsの使い難さはどうにかなりませんか?

        ビル・ゲイツ会長が「ムービーメーカー」というソフトをダウンロードしてインストールしようとしたところ、多くの他のソフトのインストールや、また個人情報の入力を強いられ、たった一つのソフトをインストールするのに1時間以上もかかったという事を、自らがマイクロソフトの役員に対して苦情のメールを送ったという話があったそうです。

        まあ一種の笑い話なんでしょうけど、自らの商品やサービスに疑問を感じた時、どの様な対応が必要かを考えさせられる話です。

        会社を見る消費者の目がどんどん厳しくなっている昨今、社員や役員の報告を聞くだけではなく、社長自らが市井の人々の立場になってサービスを実際に体験する事は非常に大事だと思います。(社長だけではありませんが)

        自分の会社のサービスを客観的に見つめる機会を作る事も、商品開発には欠かせないステップの一つではないでしょうか?

        ブランドイメージの影響力

        0
          「人は著名なブランドを数秒間目にしただけで、そのブランドの特性を反映した行動を取るようになるという。」
          という、面白い記事を見つけました。

          「Apple」のロゴを見るだけで創造性が上昇―デューク大学調査 - ITmedia News

          何でも、アップルコンピューターのマークを数秒見せられた被験者が、IBMのマークを見せられた被験者よりもよりクリエイティブな行動をとった、との事。

          アップルコンピューターのイメージは「慣習に従わない、革新的、創造的」、一方のIBMの一般的なイメージは「伝統的、スマート、責任感」らしいのですが、それぞれのマークを瞬間的に見せた後「壁を作ること以外で、レンガを使ってできることすべてを挙げよ」という問題に対して、アップルコンピューターのマークを見た被験者の人達が「より創造的」な解答をしたとの事です。(という事はIBMのロゴを見た被験者は「より伝統的な、責任感のある行動」をするという事なのでしょう・笑)

          そういえば、思い当たる節もあります。
          某ファーストフード店のマークを見るとお腹が減って来たり、某飲料メーカーのマークを見るとお酒が飲みたくなったり……ちょっと違いますかね?

          とにかく企業やブランドのロゴマークには、かくも重要な効果・影響力があるという良い例だと思います。もちろんマークの形だけでなく事業展開も大きくかかわってくる事だとは思いますが…。

          apple

          ↑さて、クリエイティブな気持ちになってきましたか?

          Stay hungry, stay foolish

          0
            「Stay hungry, stay foolish」(ハングリーであれ、そして馬鹿であれ)

            アップルコンピューターのCEO、スティーブ・ジョブズ氏がアメリカ・スタンフォード大学の卒業式にてスピーチした時に出た名言です。

            彼は、様々な苦労を自分の人生の糧にして生きています。
            本当に素晴らしい事だと思います。

            とにかく、下の動画を見てください。


            「デザインのデザイン」を読んでいます

            0
              日本を代表する大御所デザイナー、原研哉さんの名著「デザインのデザイン」を今更ながら読んでいます。

              非常に分かり易く、しかも目から鱗がこぼれ落ちる様なデザインアプローチがあれこれと書かれていてかなり面白い本です。
              様々なトップクリエイターの方の制作事例に感動する事しきりです。

              その中でも僕が最も感動したものの一つは、2000年に原研哉さんが国内の有名なデザイナーの方々に呼びかけて作品を募集して開催した「リ・デザイン展」というデザイン展の中の一品で、服飾デザイナーの津村耕佑さんがデザインした「大人用の紙おむつ」です。(リ・デザイン展とは「普段何気なく使っているものを、もう一度見直して新しいアプローチを試みよう」というコンセプトの展覧会です)

              大人用の紙おむつは非常にコンパクトで高性能なのですが、なぜか赤ちゃん用の紙おむつと同じ形をしていて、大人が装着すると非常に情けない姿になってしまうという「配慮の欠落」が見受けられます。
              これは自分が装着されるのも嫌ですが、自分の親に使われるのも悲しい思いがします。
              しかし津村耕佑さんの大人用紙おむつは、ます見た目がトランクス型やショーツ型となっており、さらにおむつだけでなくタンクトップやTシャツなども揃えた(シンプルでお洒落なデザイン)「ウェア一式」となっているのです。
              そうすることによって、大人用の紙おむつに対する心理的な抵抗が見事に払拭されているのです。
              この「優しさ」に心を打たれました。

              たかが見た目が変わっただけじゃないか、という意見もあるかもしれませんが、ビジュアルによって人の気持ちを優しくケアする事って出来そうでなかなか出来ないものです。

              この本には他にも感動したデザインアプローチはたくさん載っています。
              しかしただ感動するだけではなくて、この感動を自分の血肉にしてさらに良いものを作る努力をしなければ。。。

              まだまだ勉強する事は無限にあって、気が遠くなりそうです。
              まあ、それが楽しいと言えば楽しいのですが。

              ブリヂストン美術館で「海の幸」を見ました

              0
                昨日、仕事で八重洲通りを歩いてる時に、ブリヂストン美術館で「青木繁と海の幸」という特別展示が催されていたのを見かけ、思わず入ってしまいました。

                平日の昼間だからなのかあまり多くの人も入っておらず、素晴らしい作品の数々をゆっくりと鑑賞する事が出来ました。
                やはり名作と言われる作品には、思わずため息が出る様な迫力というかオーラがあります。どの絵がどう良いのかを説明するのは難しいのですが、とにかく「いいなあ」という言葉で頭の中がいっぱいになる様な感じです。
                まあ好き嫌いもあるので、全ての作品が「いいなあ」だった訳ではないのですが、全体的に分かり易い(見易い)作品が多いので見応えがありました。
                (余談ですが、僕は「印象派」と呼ばれる作家の作品が好きみたいです)

                そして青木繁のメイン展示「海の幸」は、やはり素晴らしい作品でした。
                個人的には、これが(昔から知ってる絵であったのも手伝って)今日一番感動した作品でした。

                もしまだ見ていない人がいたら、ぜひ見た方がいいです。
                常設展示も併せてあれで大人一人800円なんてかなりおトクだと思います。
                青木繁、海の幸

                pasmoとsuica

                0
                  首都圏にて「pasmo」が導入されて数日たちました。
                  JRも地下鉄もバスもこれ一枚で乗り降りが出来る、JR→地下鉄と乗り継ぐ事が多い僕にとっては非常に便利なカードです。

                  そしてこれまでJRでしか使えなかった「suica」も同じく地下鉄とバスでの利用が可能になりました。

                  調べてみると、両カードとも機能的には殆ど差はなく、どちらか一方を所持すれば、ほぼ同じサービスを受ける事が出来るとの事です。

                  しかし、僕にとっては大きな差がありました。
                  それはシンボルキャラクターの印象です。

                  キャラクター

                  元々僕がペンギン好きという事もありますが、suicaのキャラクターを初めて見た時の印象は強烈でした。
                  かわいいと思うだけでなく「欲しい」と思ってしまう絶妙な存在感。その癒される表情に一瞬にして心を奪われました。このペンギンを使用した広告展開も、シンプルで分かりやすく飽きのこない非常に秀逸なシリーズだと思います。(今放送されているTVCMも大好きです)

                  対してpasmoの方はあまり印象に残らない、あまり購買意欲をそそられないキャラクターだなあと感じてしまいました。(記憶に残らないのは、最近通勤時間がなくなり電車に乗る機会がめっきり減ったという事もあるのですが…)
                  淡いピンク&茶色という色構成もsuicaペンギンに比べパンチが足りない様に感じますし、その表情もsuicaペンギンのユニセックスな感じに比べて女性好みに寄りすぎている様に思えます。

                  ただそんな中途半端な印象も、今後の使い方でずいぶん変わるのではないかとも強く思います。イラスト自体はかわいらしいとは思いますので、うまくキャラクター性をアピールできる様な展開で肉付けが出来れば、もっともっと愛されるキャラクターに成長するのではないか?と…。


                  同じ様なサービスを持つ商品が何種類もあった時、消費者は何をもってそのうちの一つを選ぶのか?
                  その要因は一つではないとは思いますが、「グラフィックイメージ」は本当に大事だと思います。分かりやすい例では近年のauの躍進がそれを物語っていると思います。

                  pasmoとsuica、今のところ僕の中で白星が上がっているのはsuicaです。ただ今後のpasmoの広告展開もどの様になるのか、期待しています。

                  (以上、完全に「個人の感想」です)

                  無料

                  0
                    インターネットが世の中に与えた影響について、この数日間(何となく)考えてました。

                    テレビCMの効果が不安定になった、雑誌が売れなくなった、CDが売れなくなった、通信販売市場が拡大した、等々…そういう現象を挙げるとものすごい件数になるでしょう。
                    かくいう僕も一日に一度は必ずインターネットにアクセスしています。(Eメール含)PODCASTも利用しています。テレビを見る時間が減りました。要するにインターネットにより生活習慣が変わった人間の一人です。

                    そして考えてみると生活習慣だけでなく、(ほんの少しですが)モノに対する価値観も少し変わっている事に気がつきました。

                    それは「タダ・無料」に対する価値観です。

                    インターネットが世の中に与えた影響の根源って「タダで手に入る」事なのではないでしょうか?
                    ネット上には、お金を出さずとも手に入れられる娯楽や情報が無限にあります。そういうものを集めた人気サイトも数えきれない程あります。(もちろん僕もそういうモノが大好きです)

                    そして「タダ」に価値を生むビジネスが、ネット上では当たり前になっています。(リクルートは早くからホットペッパーやR25などリアル上でも展開していますが)
                    ポッドキャストでの番組配信による誘致や、広告を入れたゲームの無料配信、β版アプリケーションの体験版ダウンロードなど。
                    よく考えたら、テレビでは見れない映像を楽しめるという意味ではYOUTUBEもそういったモノの一つかもしれません。

                    こういった動きが進むと、書籍・音楽・ゲーム・映画はもう「消費者がお金を払わない」状態になってしまうかもしれないなあと考えてしまいます。あらゆる娯楽は人を集める為の販促ツールとなってしまい、それのみのパッケージでは売れないような状態。
                    音楽もすべて広告付きデータで無料配信、人気ゲームもゲーム中に商品広告が入った状態で全て無料ダウンロード、書籍も同じく広告付きで全ページ閲覧無料……等々。まあ極端すぎますが。

                    しかし消費者がインターネットに求めるものは「値段以上のバリュー」である事に間違いはないと思いますので、企業は「お金を払ってでも欲しくなるモノ」がどういうクオリティなのかを真剣に考えなければいけない時代なのだと思います。
                    もちろん僕たちクリエイターも、ネット上で無料のデザインテンプレートが簡単に手に入る以上、メーカーよりも状況はシビアなのかもしれません。きれいなだけのデザインではなく、売る為に効果的な企画とデザインをセットにしていかないと、生きて行く道はないんじゃないかと思います。

                    | 1/1PAGES |

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recent trackback

                    recommend

                    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
                    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
                    藤巻 幸夫
                    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

                    recommend

                    デザインのデザイン
                    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
                    原 研哉
                    名著です。
                    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

                    recommend

                    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
                    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
                    南陀楼綾繁
                    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM