ジョギングシュミレーター

0
    最近健康のために、ちょくちょく家の周辺を走ってます。
    あまり疲れない程度の、軽いジョギングなのですが結構気持ちいいです。
    学生の頃は走るのが大嫌いだったのですが、あれは足の遅い自分がオーバーペースで走らされてたからだったと気がつきました。
    自分のペースで走れば、驚く程に快適なジョギングが出来ます。

    そんな生活を送ってたところに、便利なウェブサイトを見つけました。

    ジョギングシミュレーター」というサイトなのですが、ジョギングやウォーキング、散歩をしたコースがどの程度の距離なのかを簡単に計測出来ます。

    ジョギングシュミレーター

    しかも体重や所要時間を入力すると、速度や消費カロリー(食べ物にしてどの程度か)、車を使ってたらどれくらいのCO2を排出していたか、荒川市民マラソンに参加したら何位程度か(笑)などを即座に計算してくれるなど、楽しい仕掛けが施されています。

    これまでは距離だけを測るためにGoogle Earthを使ってたのですが、こちらの方が簡単で楽しく使う事ができます。

    現在ジョギングに凝ってる人、これから走ろう(歩こう)とする人、すべての人にお薦めです。

    【ジョギングシュミレーター】
    http://42.195km.net/jogsim/

    喫煙者の主張

    0
      僕は、数年前から煙草をやめてます。
      それまではキャビンマイルドを1日1箱程吸う、標準的なスモーカーでした。
      喫煙マナーは…結構気をつけてた「つもり」です。ただ、喫煙習慣とはいわゆる「中毒」なのでどうしても我慢がきかなくて「歩きタバコ」をする事がよくありました。今考えると、なんともみっともない事をしてたなあと恥ずかしくなります。

      だからという訳ではないのですが、僕は世の中の喫煙者の主張はなんとなく理解出来ます。
      食堂でお昼ご飯を食べた後の一服は何とも言えず美味しいものです。それをいやがる非喫煙者の人がいる事が分かってても「文句があるなら灰皿を置いているお店の人間に言ってくれ」とばかりに思い切り煙を吐き出していました。(まあ、それもある意味間違いではないと今でも思います)

      それでも最近は何かと喫煙者に対する風当たりが強くなり、良識ある喫煙者の人は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。そして「いやー、やめたくてもやめられないんだよなあ」と事あるごとに口にし、人によっては禁煙・断念・禁煙・断念を繰り返して苦しい思いをしているのではないでしょうか。
      いや、僕がそうだったので(笑)

      しかしそんな喫煙者の苦労(?)をよそに、おそらく非喫煙者の意見はおおよそこの様なものだと思います。

      「分煙さえきっちりされてたら、いくら吸っても全く構わないよ」


      健康に対する悪影響を考えると「全く構わない」とまではいきませんが、要するに自分が煙たい思いさえしなければタバコに対しての文句はほとんどないのではないかと思います。
      また少なくとも「健康に悪影響を与える喫煙者」が「迷惑をかけない非喫煙者」に迷惑をかける事は許される事ではないと思います。

      僕はアメリカとしか比べる事ができませんが、いまだに日本は分煙対策がまだゆるいと感じざるを得ません。(アメリカでは煙草を吸う場所を探すのに苦労しました。…が空港では日本便のゲートにだけ喫煙所が数カ所ありました・笑)
      もっと日本が「分煙」に対して、世の中が敏感になってくれる事を願います。


      ところでなぜ唐突にこの様な事を思ったのかと言うと、先日政治アナリストの花岡 信昭氏のブログであまりにも自分勝手な「嫌禁煙論」を見つけてしまったからです。

      「中国へ行けば、まずたばこを勧めるのが向こうの礼儀だった」

      「どうも昨今の嫌煙派は、世界的な禁煙ブームに便乗しているだけなのではないかと思える」

      「子どものころ、学校の先生はたばこ臭く、職員室は紫煙が立ちこめ、先生の指先は黄色く変色していたものだ」

      「新聞社も同様で、駆け出し時代、デスクはたばこを離さないのが当たり前のポーズであり、横着なデスクはかたわらのゴミ箱に灰を落とすから、ときに燃え出したりした」


      正直言って、かなりあきれました。
      これまでは非喫煙者が我慢をしていたと考える事ができないのでしょうか?
      きっとこういう自分勝手というか人の迷惑を顧みない喫煙者がいるから、マナーのしっかりしている喫煙者までが白い目で見られるのでしょう。

      非喫煙者が嫌いなのは「煙草そのもの」ではなく、「非喫煙者への迷惑を全く考えない喫煙者が吐く煙」だということを早く理解してほしいものです。

      睡眠について

      0
        一昨日、昨日と朝までの作業が続きました。
        とある資料の作成と、商品パンフレットのデザイン作成の仕事が重なってしまい、どうしても時間が足りなくて徹夜せざるを得ない状況だったので。。。
        今、かなりの寝不足です。

        職業柄、夜を徹しての作業ってたまにあるのですが、いつも徹夜の作業後に思う事があります。
        夜中の仕事って、もの凄く集中しているような気がするのですが、実はあまり能率が良くないのではないか、という事です。

        というのも、徹夜で仕上げたデザインや企画書を次の日に確認すると「あれ?」と思う事が多いのです。もう少しクオリティが高かった気がするのに。。。なんだか修正の余地が多分にあるなあ。。。という感じで。

        「徹夜仕事はクオリティ低下の原因」と切って捨てる様な言い方は出来ないのですが、そういう事がちょくちょくあると、働く上で「眠る事」って非常に重要なのではないかな、という気がするのです。

        「睡眠」とは「体の休息」であると共に「脳の休息」でもあります。
        脳に休息を与えないで仕事をやり続けるのって、一切休憩をとらずに運動をし続けるような状態に似てるような気がします。最初はいいのですが、やはり疲れが出てくると本来の力を出せないというか。。。

        要するに休息をとる事によって体の動きを保つのと一緒で、眠る事というのは脳の動きを保つ様なものなのではないでしょうか。

        昔、「昼休みに10〜15分だけでも寝る、もしくは目をつぶって寝る振りをするだけで午後の仕事がはかどる」という話を聞いた事があります。(逆に寝すぎると良くないとも)
        おそらく、きちんと脳を休めてリフレッシュをするという事なのでしょう。
        僕が会社に勤めているときはよく実践してました。確かに、少し寝た日の方が午後の集中力が増してたと思います。

        忙しい日本の大人はきちんと「寝る暇」を持つ事が難しいと思いますが、「良い仕事をするために」寝る事も少し考えた方がいいのではないかな、、、という気がします。
        例えばお昼休みを1時間30分くらいに伸ばして「昼寝」を日課にしてみる、とか。。。(「子供じゃあるまいし」と思うかもしれませんが、お昼を食べた後って意外に早く眠りに落ちます。で、すぐに目が覚めます)

        まあ日本人は「寝る間も惜しむ程に働く人種」だからこそ、戦後の短い期間であっという間に豊かになった、という事もあるのでしょうが…。
        そろそろ睡眠を多くとる事をもう少し考えた方がいいと思います。

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
        人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
        藤巻 幸夫
        フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

        recommend

        デザインのデザイン
        デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
        原 研哉
        名著です。
        デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

        recommend

        チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
        チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
        南陀楼綾繁
        素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM