「デザインのデザイン」を読んでいます

0
    日本を代表する大御所デザイナー、原研哉さんの名著「デザインのデザイン」を今更ながら読んでいます。

    非常に分かり易く、しかも目から鱗がこぼれ落ちる様なデザインアプローチがあれこれと書かれていてかなり面白い本です。
    様々なトップクリエイターの方の制作事例に感動する事しきりです。

    その中でも僕が最も感動したものの一つは、2000年に原研哉さんが国内の有名なデザイナーの方々に呼びかけて作品を募集して開催した「リ・デザイン展」というデザイン展の中の一品で、服飾デザイナーの津村耕佑さんがデザインした「大人用の紙おむつ」です。(リ・デザイン展とは「普段何気なく使っているものを、もう一度見直して新しいアプローチを試みよう」というコンセプトの展覧会です)

    大人用の紙おむつは非常にコンパクトで高性能なのですが、なぜか赤ちゃん用の紙おむつと同じ形をしていて、大人が装着すると非常に情けない姿になってしまうという「配慮の欠落」が見受けられます。
    これは自分が装着されるのも嫌ですが、自分の親に使われるのも悲しい思いがします。
    しかし津村耕佑さんの大人用紙おむつは、ます見た目がトランクス型やショーツ型となっており、さらにおむつだけでなくタンクトップやTシャツなども揃えた(シンプルでお洒落なデザイン)「ウェア一式」となっているのです。
    そうすることによって、大人用の紙おむつに対する心理的な抵抗が見事に払拭されているのです。
    この「優しさ」に心を打たれました。

    たかが見た目が変わっただけじゃないか、という意見もあるかもしれませんが、ビジュアルによって人の気持ちを優しくケアする事って出来そうでなかなか出来ないものです。

    この本には他にも感動したデザインアプローチはたくさん載っています。
    しかしただ感動するだけではなくて、この感動を自分の血肉にしてさらに良いものを作る努力をしなければ。。。

    まだまだ勉強する事は無限にあって、気が遠くなりそうです。
    まあ、それが楽しいと言えば楽しいのですが。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
    藤巻 幸夫
    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

    recommend

    デザインのデザイン
    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
    原 研哉
    名著です。
    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

    recommend

    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
    南陀楼綾繁
    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM