大きな岩

0
    インターネットで調べものをしてたら、とあるページで次の様な文章を見つけました。
    ……………………………………………
    ある大学でこんな授業があったという。
    「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
    その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
    壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
    「この壺は満杯か?」
    教室中の学生が「はい」と答えた。
    「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
    そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
    そしてもう一度聞いた。
    「この壺は満杯か?」
    学生は答えられない。
    一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
    教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
    それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
    「この壺はこれでいっぱいになったか?」
    学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
    教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
    彼は学生に最後の質問を投げかける。
    「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
    一人の学生が手を挙げた。
    「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
    「それは違う」と教授は言った。

    「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ

    君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
    それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり…。
    ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
    それを最初に壺の中に入れなさい。
    さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
    もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

    ……………………………………………

    なるほどなあ、と思いました。
    自分の本当に時間を割くべき大切なもの・・・それを見つける事がまず難しい事かもしれませんが、確かに同じ人生であれば本当に大切な事に時間を使った方が「幸せ」に決まってます。

    少し真面目にそういう事を考えてみるのもいいかもしれません。

    コメント
    なかなかグサッと来るお言葉ですね。
    自分に取っての大きい岩は
    壷に入っているかわかりません。

    でも、入れた小石や砂利が気がついたら合体して
    大きな石くらいにはさせたいな...と思いました。
    • march
    • 2007/10/17 7:22 PM
    コメント有り難うございます。

    確かに入れた小石がいつのまにか大きな石に・・・という考え方もあるかもしれませんね。
    • 勝又
    • 2007/10/18 12:14 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
    藤巻 幸夫
    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

    recommend

    デザインのデザイン
    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
    原 研哉
    名著です。
    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

    recommend

    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
    南陀楼綾繁
    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM