喫煙者の主張

0
    僕は、数年前から煙草をやめてます。
    それまではキャビンマイルドを1日1箱程吸う、標準的なスモーカーでした。
    喫煙マナーは…結構気をつけてた「つもり」です。ただ、喫煙習慣とはいわゆる「中毒」なのでどうしても我慢がきかなくて「歩きタバコ」をする事がよくありました。今考えると、なんともみっともない事をしてたなあと恥ずかしくなります。

    だからという訳ではないのですが、僕は世の中の喫煙者の主張はなんとなく理解出来ます。
    食堂でお昼ご飯を食べた後の一服は何とも言えず美味しいものです。それをいやがる非喫煙者の人がいる事が分かってても「文句があるなら灰皿を置いているお店の人間に言ってくれ」とばかりに思い切り煙を吐き出していました。(まあ、それもある意味間違いではないと今でも思います)

    それでも最近は何かと喫煙者に対する風当たりが強くなり、良識ある喫煙者の人は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。そして「いやー、やめたくてもやめられないんだよなあ」と事あるごとに口にし、人によっては禁煙・断念・禁煙・断念を繰り返して苦しい思いをしているのではないでしょうか。
    いや、僕がそうだったので(笑)

    しかしそんな喫煙者の苦労(?)をよそに、おそらく非喫煙者の意見はおおよそこの様なものだと思います。

    「分煙さえきっちりされてたら、いくら吸っても全く構わないよ」


    健康に対する悪影響を考えると「全く構わない」とまではいきませんが、要するに自分が煙たい思いさえしなければタバコに対しての文句はほとんどないのではないかと思います。
    また少なくとも「健康に悪影響を与える喫煙者」が「迷惑をかけない非喫煙者」に迷惑をかける事は許される事ではないと思います。

    僕はアメリカとしか比べる事ができませんが、いまだに日本は分煙対策がまだゆるいと感じざるを得ません。(アメリカでは煙草を吸う場所を探すのに苦労しました。…が空港では日本便のゲートにだけ喫煙所が数カ所ありました・笑)
    もっと日本が「分煙」に対して、世の中が敏感になってくれる事を願います。


    ところでなぜ唐突にこの様な事を思ったのかと言うと、先日政治アナリストの花岡 信昭氏のブログであまりにも自分勝手な「嫌禁煙論」を見つけてしまったからです。

    「中国へ行けば、まずたばこを勧めるのが向こうの礼儀だった」

    「どうも昨今の嫌煙派は、世界的な禁煙ブームに便乗しているだけなのではないかと思える」

    「子どものころ、学校の先生はたばこ臭く、職員室は紫煙が立ちこめ、先生の指先は黄色く変色していたものだ」

    「新聞社も同様で、駆け出し時代、デスクはたばこを離さないのが当たり前のポーズであり、横着なデスクはかたわらのゴミ箱に灰を落とすから、ときに燃え出したりした」


    正直言って、かなりあきれました。
    これまでは非喫煙者が我慢をしていたと考える事ができないのでしょうか?
    きっとこういう自分勝手というか人の迷惑を顧みない喫煙者がいるから、マナーのしっかりしている喫煙者までが白い目で見られるのでしょう。

    非喫煙者が嫌いなのは「煙草そのもの」ではなく、「非喫煙者への迷惑を全く考えない喫煙者が吐く煙」だということを早く理解してほしいものです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
    藤巻 幸夫
    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

    recommend

    デザインのデザイン
    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
    原 研哉
    名著です。
    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

    recommend

    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
    南陀楼綾繁
    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM