チベットと日本

0
    本当の話だったら、日本は、そして日本国民はあまりにも恩知らずな国ではないか?と思う一文がありました。
    今、世界中で注目の的となっているチベットの話です。


    太平洋戦争の開戦前、経済封鎖された日本国に対し、チベット政府から大量の羊毛が送られて来ました。
    その理由はただ、「同じ仏教国が苦しい思いをしているから」でした。
    戦争突入後、チベットは一貫して中立を守り、日本との国交は変わらず続けら れていました。
    当時の日中戦線において、中国はアメリカから武器弾薬等を ビルマ経由で輸入していましたが、このルートが日本軍によって絶たれた後、 連合軍側はヒマラヤ越えのチベット・ルートを開こうとしました。
    しかし、先代のダライ・ラマ13世はあくまでも中立を貫き、アメリカ大統領特使の強硬な要求にも断じて応じませんでした。
    このあまりにも理想主義的な外交が、やがてチベット国に悲劇をもたらす結果となりました。
    1945年8月15日・・・日本の敗戦です。
    日本との国交を継続していたチベットは、なんと国際舞台で「敗戦国扱い」をされるように なってしまいました。
    その後、戦勝国によって「国連常任理事国」が結成され、中国もそのメンバーになりました。
    これが更なる悲劇の幕開けでした。
    中国の共産党につけこまれみなさんもよくご存知の現在のチベットの状況につながっています。
    現在・・・ 他の国の人々は気がつきました。
    正々堂々と抗議で激しく戦っております。
    しかし・・・当の日本は魂を抜かれた国家と成り果ててしまいました。


    僕もテレビを見ながら人ごとのように考えてしまってますが、それではだめですね。。。
    何が出来るのか、僕も、そして日本人みんなが考えるべき事なのかもしれません。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
    藤巻 幸夫
    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

    recommend

    デザインのデザイン
    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
    原 研哉
    名著です。
    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

    recommend

    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
    南陀楼綾繁
    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM