CMの6割、視聴者の心に届かず

0
    2008年4月から09年3月までの1年間に流されたテレビCM1万7765作品のうち、約6割が視聴者の印象にほとんど残っていないことが、民間調査会社「CM総合研究所」(東京・港区)の調査でわかった。
    (中略)
    その結果、CMを出した2019社中、777社のCM1万147作品は全く記載されなかった。その中には、一つの商品のCMに最大3億円以上を費やした企業が3社あったほか、年間に最大で905回流していた企業もあった。
    YAHOO!ニュースより転載)


    うーん、やっぱりそうだったか、という感じですね。
    僕も含めて周りの人達にも「テレビCMはあまり見ない」という人が多かったので、予想通りといえば予想通り。
    昔ほどテレビCMの話題が会話に出る事もなくなりましたし…。

    タレントを売りたいのか商品を売りたいのか分からないCMも多いですし、インパクトを求めるあまり商品の詳細が全く分からなかったり、ただ笑って終わるだけのCMも多い様な…。

    ただ消費者がテレビCMを見なくなったというのは「消費者がメーカーの売り文句を聞き飽きた」とか「HDDの普及でCMカットが楽になった」、「テレビよりインターネットに接する時間が長くなった」など、多くの原因が絡み合って行き着いた結果だと思います。

    あとは「映像」や「作品」としてのクォリティは軒並み上がってると思うのですが、逆にそれが「平均化」をもたらしてしまい「印象に残るCM」がなくなってしまったのではないかな、という気もします。
    (個人的には単に「最近のテレビはつまらなくなったなあ」という一言で済んでしまうのですが)

    ともかく僕たちの様な「販促屋」は、こういう事実をしっかりと受け止めて「じゃ、どうすれば消費者に届くの?」と言う事をきちんと考えなきゃいけないな、と改めて思いました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
    人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
    藤巻 幸夫
    フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

    recommend

    デザインのデザイン
    デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
    原 研哉
    名著です。
    デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

    recommend

    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
    チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
    南陀楼綾繁
    素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM