みんなでダイエッチュ

0
    1月も半ばを過ぎました。早いものです。
    遅ればせながら、本年も宜しくお願いします。

    みんなでダイエッチュ
    昨年末、あるダイエットコミュニティのノベルティグッズのデザインを依頼されました。
    BIGLOBEが運営している「みんなでダイエッチュ」という携帯専用サイトなのですが、「インストラクターの指導」や「ダイエットメニューのレシピ」といった「指導型」のサイトではなく、会員同士が目標に向かってお互いに励まし合うという、「応援型」なのが面白いところです。

    もちろんインストラクターの指導などのコンテンツも充実してるので実用的ですが、「ケータイ騎士(ナイト)」という謎のイケメンキャラクターが歯も浮かんばかりのキザなセリフで毎日励ましてくれるという、一風変わったサービスもモチベーションを上げてくれます。

    そう、ダイエットの一番の問題は「モチベーションの維持」らしいので、新年を機にダイエットを始めようと思ってる人(特に女性)におススメだと思います。

    もちろん、登録料・使用料は無料です。(パケット通信料は別)

    しかし、携帯サイトの近年の進化って目覚ましいですね。
    ほんの10年前まではこうなるって予想だにしてなかったのですが…。

    店じまい

    0
      今年もあと数日を残すのみとなりました。

      クライアントの皆様には、本当に色々とお世話になり、誠に有り難うございました。
      おかげ様で、無事に年を越す事ができそうです。

      本当に毎日不景気な話題が絶えない状況ですが、来年は皆様にとっても私にとっても良い年になりますように。

      珈琲豆ショップのデザインをしました。

      0


        明日(11/23)開店予定の、本格的な自家焙煎コーヒー豆ショップ「テイスト」様のロゴマークやチラシ、看板など諸々のデザインを作らせて頂きました。

        明日から3日間、オープンセールを実施する予定ですので、お近くの方はぜひ足を運んでいただければと思います。
        お好みの風味を店長さんに伝えれば、その場で豆を選んで焙煎してもらえるので、美味しい珈琲豆をお探しの方にはお薦めです。

        珈琲焙煎 テイスト
        〒271-0092
        千葉県松戸市松戸1349番地
        TEL&FAX 047-314-8047

        出会い

        0
          最近、初めての方と出会う機会が多くありました。
          僕の職業柄、クリエイティブ職に就いている方が多いのですが、そんな人と話をしていると非常に勉強になります。

          いろんな人の「ものづくり」に対する考え方を聞いていると、自分に足りない事や勉強すべき事に多く気付かされます。

          特に昨日は、今まで携わった事がなかった雑誌出版業界の人とたくさんお話する機会があって、本当に勉強になりました。
          今僕たちが読んでいる雑誌は「山の様な(本当に山の様な)ボツ企画書」の上に成り立ってる事、
          そしてどれだけのボツを食らっても、歯を食いしばって新しい企画を作り続ける人がいる事、
          さらに一分一秒を争ってデザインを作り上げるエディトリアルデザイナーの苦労や喜びなど、どの話も新鮮で驚く事ばかりでした。
          まあ、決して楽ではないだろうなという想像はしてたのですが…実際に話を聞くと想像を超えて苦労と喜びの多い業界だという事が分かりました。

          僕も企画マンの端くれとして、身の引き締まる一日となりました。
          やっぱり人と出会うって、良いものです。

          総裁選

          0
            福田総理が突然辞任したのを聞いて、ちょっとびっくりしました。
            まさか安倍さんに続いてわずか1年足らずでまた総理が辞めるとは…。
            普通に考えたら、これはちょっと異常な状態ではないでしょうか。
            コロコロと政治のトップが変わるなんて、一体日本はどう成長していけばいいのか誰も分からないという事でしょう。

            でも、今の時期は誰が総理大臣をつとめても変わらないのではないかな?という気もします。
            前回の総裁選が麻生さんに決まったとしても、もしかしたら同じ様な結果になったのかもしれません。

            小金井市のキャラクター

            0

              かの宮崎駿監督がデザインした、小金井市のキャラクターが物議を醸してるそうです。
              その物議というのも、要約すると「手抜きすぎ」。
              確かに僕も最初見た時に「手抜きかな?」と感じました。

              まあ、可愛いし「子供が元気な街に」というメッセージを分かりやすく具現化してるとは思うのですが、何と言うか…これは「宮崎駿監督の作でなければ採用されなかったであろう絵柄」ではないかな?と思ってしまいました。(読売新聞の時にも感じましたが)

              バウハウス・デッサウ展に行きました

              0
                やっと観に行けました。
                ずいぶん前にこのブログで紹介した「バウハウス・デッサウ展」。
                仕事の都合でずっと行けなくて、ようやく先週の金曜日に「よし、絶対行くぞ!」と勇んで家を出ました。別に土曜日や日曜日でもよかったのですが、やっぱり出来るだけ人が少ない平日に見たかったので…。

                予想に反して、平日の午前中なのに以外と多くの人がいました。学生さんよりも、むしろ社会人の方が多かったように思います。
                やっぱりバウハウスって人気があるんですね。
                もうチケットからカッコいいですから。

                展示の内容も、充実してました。
                グラフィック、プロダクト、舞台、テキスタイル、建築、等々…。
                今見ても全く古さを感じさせない作品・製品のオンパレードです。
                また、当時の授業で提出された課題なども面白くて、自分だったらどのように作るかな…と考えたりしながら見ていました。
                「制作にあたって、制作者はその素材について知り尽くさなければいけない」という言われてみれば当たり前の事を、徹底的につきつめた作品群は当時の新鋭クリエイターの気概を感じるには十分な程の迫力がありました。
                いや、もう単純に「ウマい!」なんですけど。

                やっぱり観に行って良かったです。
                ものすごく良い刺激になりました。
                定期的にこういう刺激を感じに行くということは、結構大事です。

                そうえいば、隣の部屋で「芸大コレクション」も併設されていて、こちらの展示物も非常に見応えがありました。いや、もうバウハウス展に全く劣らない展示です。
                ちょっとくらい疲れてても、絶対に見るべきです。
                芸大所蔵のバウハウス関連の展示もありますし、横山大観、尾形乾山、黒田清輝等々、まさに名作揃いの展示ですので。

                もうすぐ展示会も終わってしまいますが、まだ行っていない方がいらしたら是非観てほしいと思います。
                ちなみに、500円で貸し出されている音声ガイドはオススメです。
                俳優の谷原章介さんファンであればなお必聴でしょう(笑)

                保険のカラクリ

                0
                  「どうやって利益をとるんだろう?」といつも不思議に思っていた高齢者向け生命保険のナゾが解けました。
                  なんだか、説明不足にも程があるのではないでしょうか?
                  消費者金融の宣伝もそうですが、もう少し具体的な説明が必要なんではないでしょうか?

                  某外資系保険会社のテレビCMで「医師の診断はいらず、80歳でも入れます。支払いは最も安いプランで約3000円。しかも、掛け捨てではありません。」という高齢者向け保険プランの宣伝。
                  なんとも太っ腹な話だなあと思っていましたが、これは実は「医療・生命保険」ではなく「損害保険」であるとの事です。

                  つまり「けがでの入院」に対してのみ保険金が支払われ、病気で入院した場合には保険金は支払われない、と言う事です。であれば、医師の診断が要らないのも当然と言えば当然。
                  怪我で入院する事なんて、若い人も高齢者の方もあんまり確率的に変わらないのではないでしょうか?
                  そして「ケガでの入院のみの保証」というものに対して、果たして高齢者の方にどれだけの恩恵があるのでしょうか?
                  それは人それぞれだと思いますが、少なくとも「病気での入院」より需要が少ないのは確かだと思います。

                  しかし実際の保険会社のテレビCMではそういう大事な事はうまくボカして、手軽で手厚い保証をするような文句で高齢者の方の興味を引いてるように見えます。
                  (だいたい「医師の診断が要らない」という謳い文句も「医療保険の類だ」と思わせるための「エサ」のように感じられます)
                  大手の保険会社がそんな事をするなんて、消費者の殆どは思わないのではないでしょうか?

                  広告を見る側の判断力が非常に重要だなんて、なんだか面倒くさい時代になったなあ、とつくづく思います。

                  もっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。
                  誰でも入れる」保険の真実(上)

                  保険会社で思い出しましたが、僕が社会人1年目の頃、S生命(超大手生命保険会社)から細かくて良く内容が分からない書類が送られてきて、担当者から「とにかく同封されている書類に印鑑を押して返送してくれ」と電話がかかってきた事がありました。
                  内容は保険内容のグレードアップで、月々の支払も格段に上がるものだったのですが、それについては全く説明をせず「とにかく急いで書類に印鑑を押して返送してくれ」の一点張りでした。不審に思って問いただすと「プラン変更の書類」である事を説明しだしたのですが、正直言ってその担当者の汚さに心底呆れました。
                  はっきり言って詐欺に近いやり方(ハッキリとした詐欺ではない)だったと思うのですが、この経験が僕にとって「とにかく確認するという事の大事さ」を思い知らされた一件でもありました。

                  まあある程度大人になればそういう手口に引っかかる人も少ないかと思いますが、くれぐれもご注意下さい。

                  ビルゲイツ本人がマイクロソフトに苦情

                  0
                    ビルゲイツ本人がマイクロソフトに苦情、Windowsの使い難さはどうにかなりませんか?

                    ビル・ゲイツ会長が「ムービーメーカー」というソフトをダウンロードしてインストールしようとしたところ、多くの他のソフトのインストールや、また個人情報の入力を強いられ、たった一つのソフトをインストールするのに1時間以上もかかったという事を、自らがマイクロソフトの役員に対して苦情のメールを送ったという話があったそうです。

                    まあ一種の笑い話なんでしょうけど、自らの商品やサービスに疑問を感じた時、どの様な対応が必要かを考えさせられる話です。

                    会社を見る消費者の目がどんどん厳しくなっている昨今、社員や役員の報告を聞くだけではなく、社長自らが市井の人々の立場になってサービスを実際に体験する事は非常に大事だと思います。(社長だけではありませんが)

                    自分の会社のサービスを客観的に見つめる機会を作る事も、商品開発には欠かせないステップの一つではないでしょうか?

                    SORANOSHITA CAFE

                    0
                      6月7日の土曜日、知り合いの企画会社の社長に誘われて渋谷・表参道にある「Soranoshita cafe(ソラノシタ カフェ)」に行ってきました。

                      このカフェは毎月2回ずつ「人と人とをつなぐ場所」として、あるビル地下のカフェを借り切って開かれているお店だそうです。
                      カフェの他にも、畑を借りて野菜を作るなど様々な活動をしているとか。

                      主催者のお二方とお話させて頂いたのですが、何と言うか…お若いのに非常にしっかりしてて立派な方達でした。
                      目標やポリシーをしっかり持ってて…、話しているうちに自分が同年代だった頃を思い浮かべて恥ずかしくなりました。
                      活動も今年で2年目との事。これからも頑張ってほしいと思います。
                      (お話中に、ロゴマークやデザインワークについてあれこれ言ってしまいましたが…どうもすみませんでした)

                      音楽ライブや、アートスペースなどのイベントも募集中との事ですので、興味がある方はぜひアクセスしてみて下さい。

                      Soranoshita cafe(ソラノシタ カフェ)

                      ↓店内の様子。


                      ↓お餅で作ったワッフル、すなわち「モッフル」。アイスとメイプルシロップがかかってて美味しかったです。

                      << | 2/8PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
                      人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
                      藤巻 幸夫
                      フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

                      recommend

                      デザインのデザイン
                      デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
                      原 研哉
                      名著です。
                      デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

                      recommend

                      チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
                      チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
                      南陀楼綾繁
                      素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM