Googleの面接試験

0
    Googleの面接試験、一体どのような質問をされるのか?

    世界一の検索エンジンとしてだけでなく、その恵まれた(そして一風変わった)職場環境でも有名なgoogle(グーグル)ですが、この会社に入るためには難しい試験をクリアする事が条件、という事でも知られています。

    もう有名なので知ってる人は多いと思いますが、僕は最近知ったのと「面白いな」と思ったのでメモ代わりに記しておきます。

    一見「正解なんてあるの?」という問題もありがすが、実は全ての問題に正解の答えがあるらしいです。
    正解が分かる人がいたら教えてください。

    1.
    スクールバスにゴルフボールは何個入るか?

    2.
    あなたは5セントコインほどのサイズに縮んでしまう。現在のあなたの身体の密度を保ったまま、身長に比例して質量は小さくなる。そしてあなたはガラスのミキサーに投げ込まれる。ミキサーの刃は60秒で動き出す。さぁ、あなたはどうする?

    3.
    シアトルのすべての窓ガラスを洗浄するとして、あなたはいくら請求しますか?

    4.

    マシンのスタックがメモリ内で増えるか減るかしているのをどのようにして見つけ出しますか?

    5.
    あなたの8歳の甥にデータベースについて3つの文で説明しなさい

    6.
    時計の長針と短針は一日に何回重なりますか?

    7.
    あなたはA地点からB地点に行かなくてはならない。そこに到着できるかどうかは知りません。どうしますか?

    8.
    シャツでいっぱいの戸棚があるとします。特定のシャツを見つけるのは非常に難しいです。簡単にシャツを見つけるためにどのように整理しますか?

    9.
    この村には100組の夫婦がいて、夫は全員浮気しています。妻は全員、自分の夫以外が浮気していることは知っています。そしてこの村の掟では浮気や姦通は許されていません。また、どの妻も自分の夫が浮気していると知ればすぐに自分の夫を殺すという掟があります。この村の女達は掟には背きません。ある日、村の女王が言いました。この村には浮気をしている男が少なくとも1人はいる。さて、この村に何が起きますか?

    10.
    ある国では人々は生まれてくる子には男の子だけを欲しがりました。そのため、どの家族も男の子を産むまで子供を作り続けました。この国では男の子と女の子の人口比率はどうなりますか?

    11.
    高速道路で30分間に自動車が存在する確率が0.95である場合、10分間では確率はどれぐらいになりますか?(確率は一定であると仮定します)

    12.
    時計を見ると3時15分でした。長針と短針の間の角度は?(ゼロではありません)

    13.
    4人の人々がぐらぐらするロープの吊り橋を渡って夜にキャンプへ戻る必要があります。不幸にも懐中電灯は一つしかなく、17分しか使えません。吊り橋は懐中電灯なしで渡るにはあまりにも危険で、吊り橋は同時に2人しか渡れません。しかも、各人は歩くスピードが違います。ある者は橋を渡るために1分かかり、別の者は2分かかり、3番目の者は5分かかり、最後の者は10分かかります。どのようにすれば17分で全員が渡りきることができますか?

    14.
    あなたは友人たちなどとパーティをしており、全員であなたを含めて10人います。友人の一人が賭を提案してきました。あなたと同じ誕生日の人がこの中にいればあなたは1ドルもらえます。あなたと同じ誕生日の人がいない場合には友人が2ドルもらいます。あなたはこの賭を受け入れますか?

    15.
    全世界でピアノの調律師は何人いますか?

    16.
    あなたは同じサイズのボールを8つもっています。そのうち7つは同じ重さですが、1つはほかのものよりもわずかに重いです。秤を2回だけ使ってこのわずかに重いボールを見つけるにはどうすればいいですか?

    17.
    5人の海賊がいて、彼らは1位から5位にまでランク分けされています。1位の海賊は100枚の金貨をどのように分けるかというプランを提案する権利があります。残りの海賊はこのプランに投票する権利があり、賛成が半分に満たない場合には1位の海賊は殺されます。1位の海賊の分け前を最大にしてなおかつ彼が生き残るにはどうすればいいですか?(ヒント:一人の海賊は結局、金貨の98%で終わる)

    僕も少し考えてみたのですが、全くと言っていい程分かりませんでした。
    だいたい世界のピアノの調律師の数を知ってる人がいるんでしょうか?
    ちなみに、「面接するのは一緒に仕事をする現場の人全員」で、合否基準は「一緒に仕事をしたいかどうか」だそうです。

    寝てるだけでお金持ち?

    0
      らばQ」というブログで、「寝てるだけでお金を儲けている人がいる」という、面白い記事を見つけました。

      とにかく寝る事が好きなオランダの学生さんが、自分のホームページに広告スペースを設けてそこにウェブカメラをつなぎ、あとは自分が寝ている姿を延々と映すだけ…というものだそうですが、そのHPを初めて20日あまりで約45万人がそのウェブサイトに訪れ、すでにおよそ84万円の支払があるとの事。
      ちょっと、すごくないですか?
      普通に汗水垂らして働くのがばからしくなりそうです。

      http://www.sleepingrich.com/


      上のリンクからそのサイトを見る事が出来ますが、僕は肝心のウェブカメラを除く事ができませんでした。どうやら本当にかなりの確率で寝てるらしいのですが。。。

      まあこの学生さんもずっとこんな事だけで食って行ける訳はないと思いますが、アイデア次第で何事もビジネスとなりうるという良い例だと思いました。
      勤勉な日本で同じ様なことをやると、どんな反応をされるんでしょうか?
      寝るのが好きな方は、一度試してみるのも面白いかも。(ただ収入を得るのは難しいとは思いますが…)

      勉強夫婦

      0
        先日、アメリカから一時帰国してきた友人と会いました。

        彼女は愛媛県松山市出身で妻の同級生なのですが、アメリカ人の方と結婚してアメリカに移住しています。旦那さんにも何度か会った事があるのですが、日本語(松山弁・笑)を流暢に話す非常に優しくて面白い、ハンサムな方です。

        この夫婦、二人とも非常に勉強熱心で話を聞くたびにいつも感心させられます。
        僕が最も感心したのは、「テレビ番組は観ずに、毎週『お互いが感銘を受けた本をプレゼントしあって読む事』を日課としている」事です。
        こんなにお互いの考え方や知識をシェアする方法があるでしょうか?
        きっと二人の会話は、感動や疑問や教養にあふれているのではないかと思います。(ちなみにテレビ番組は見ないけど、素敵な映画を見るためにモニターは持っているとの事)

        聞けば、今彼女は看護士となるための勉強を、旦那さんは弁護士となるための勉強をするためにアメリカで学校に通っているとか。
        「いや、その年で今さら?」と普通なら思ってしまうところですが、この夫婦だとそれも納得していまいます。何と言うか、本当に「人生の経験」を大事にしてるのです。

        僕の周りには尊敬出来る友人が多いです。
        ほんと、為になります。

        久しぶりの更新です

        0
          年明け早々少し仕事が重なってしまい、つい更新をさぼっていました。

          数人の方から「いつも読んでるよ」と嬉しい言葉を頂いてたので、何か面白い事を書かなければ・・・とは思っていたのですが、仕事ばかりの日々だったので、ここに書く程の出来事は特にありません(笑)ごめんなさい。
          ただ、ちょっとした人の縁が非常にありがたいという事に気づいた事がありました。(それは僕にとって重要な事だったのですが、訳あって具体的に書けないのが残念です)

          そういえば個人的な事ですが、生まれて9ヶ月の息子にしっかりと歯が生えはじめ、ハイハイで自分の好きなところに移動するようになりました。
          そして今日はついにつかまり立ちの姿勢から20秒くらい、どこにも掴まらずに立つ事が出来ました。…が、本人は怖かったのか、お尻で着地した途端大泣きをしてしまいましたが(笑)
          そんな息子をあやしながら、その成長の早さに驚くと同時に、9ヶ月という時間の短さを感じてしまいました。まだ生まれたばかりだと思ってたのになあ…。
          そういえば「おめでとうございます」と言ってたのがついこの間だったのが、もうバレンタインデーの話題が出始めてます。年齢を重ねるたびにどんどん時間の経過を早く感じるようになっています。
          うかうかしてると、また1年なんてあっという間に過ぎるのでしょう。

          子供の成長に負けないように、僕もぐんぐんと成長しなければ。

          謹賀新年

          0
            明けましておめでとうございます。
            本年も宜しくお願い致します。

            皆様にとっても、私にとっても、良い年でありますように。

            とりあえず(毎年の事ですが)新年を迎えるにあたり、寝て過ごすのはもったいないと思い暇を見つけては色々と勉強しております。
            この勉強が1週間経ち、1ヶ月経ち、1年経っても続いてるようでなければいけないのですが…。
            とりあえずは「3ヶ月の壁」を越える様に頑張りたいと思います。


            野口シカの手紙

            0
              野口英世の母、野口シカが10年以上もアメリカにいる息子に会いたいという一心で書いた手紙。
              字の書けない彼女が、拙いながらも一生懸命書いたこの手紙には、言葉では言い表せないショックを受けました。

              ↓これがその手紙です。
              シカの手紙
              おまイの。しせ(出世)には。みなたまけ(驚き)ました。
              わたくしもよろこんでをりまする。
              なかた(中田)のかんのんさまに。まにねん(毎年)。 
              よこもり(夜籠り)を。いたしました。

              べん京なぼでも(勉強いくらしても)。きりかない。
              いぼし(烏帽子:近所の地名)。ほわ(には)こまりをりますか。
              おまいか。きたならば。もしわけ(申し訳)かてきましよ。

              はるになるト。みなほかいド(北海道)に。いて(行って)しまいます。
              わたしも。こころぼそくありまする。
              ドカ(どうか)はやく。きてくだされ。

              かねを。もろた。こトたれにもきかせません。
              それをきかせるトみなのれて(飲まれて)。しまいます。

              はやくきてくたされ。
              はやくきてくたされ
              はやくきてくたされ。
              はやくきてくたされ。
              いしよの(一生の)たのみて。ありまする

              にし(西)さむいてわ。おかみ(拝み)。
              ひかし(東)さむいてわおかみ。しております。
              きた(北)さむいてわおかみおります。
              みなみ(南)たむいてわおかんておりまする。

              ついたち(一日)にわしをたち(塩絶ち)をしております。
              ゐ少さま(栄晶様:修験道の僧侶の名前)に。ついたちにわ
              おかんてもろておりまする。
              なにおわすれても。これわすれません。
              さしん(写真)おみるト。いただいておりまする。(神様に捧げるように頂く) 
               
              はやくきてくたされ。いつくるトおせて(教えて)くたされ。
              これのへんちち(返事を)まちてをりまする。
               
              ねてもねむられません


              読み易く訳すと、
              「お前の出世には皆たまげました。私も喜んでおります。
               中田の観音様に毎年夜籠りをしてます。
               勉強はいくらしてもきりがありません。
               烏帽子(という村からのお金の催促)には因っていますが、
               (お前が戻って)きたら申しわけができましょう。
               春になると皆、北海道に行ってしまいます。
               私も心細くなります。
               どうか早く(帰って)来てください。
               お金を(送って)もらったことは誰にも聞かせません。
               それを聞かせると、みんな呑まれてしまいます。
               早く(帰って)来てください。
               早く(帰って)来てください。
               早く(帰って)来てください。
               早く(帰って)来てください。一生の頼みであります。
               西に向いては拝み、東に向いては拝んでおります。
               北に向いては拝んでおります。
               南に向いては拝んでおります。
               ついたちには塩断ちをしております。
               栄昌様についたちには、拝んでもらっています。
               何を忘れてもこれは忘れません。
               写真を見ると拝んでいます。
               早く(帰って)釆てください。
               この返事を待っています。寝ても眠れません」

              聞けば、相当に有名な手紙みたいなのですが今まで知りませんでした。お恥ずかしい。
              何度読んでも、目頭が熱くなります。

              ちなみにこのページに詳しく書かれていますので、興味のある方は見てみてください。※アクセスすると音楽が流れ始めますのでご注意を。
              (ちなみにこのページにも書かれてますが、この手紙を見た高碕達之助氏の感想もまた名文です)

              色々と・・・

              0
                最近、空いてる時間に色々と勉強しています。
                大人になってから勉強するのは楽しいと思うのですが、なんで子供のときは楽しくなかったのでしょうか?

                絵の練習以外は(受験前を除いて)かなり適当にしていました。
                その絵の勉強も、大学のときは友達と遊ぶのが楽しくてさぼり気味でした。

                もちろん今になって後悔しています。
                若いときの勉強って、きっと大人になるための下積みなんだと思います。
                よく「成績が優秀でも、仕事ができるとは限らない」という事を聞きますが、僕がこれまで会った成績優秀な人ってほとんど仕事ができる人でした。
                (逆に成績が悪くても仕事が出来る人はいましたが)
                きっと、イヤな事から逃げない、立ち向かう事を幼い頃から覚えてきたからではないかと思います。

                だから、僕も自分の子供には何と言って勉強を薦めようかと今から考えています。何も言わずに学んでくれればそれが一番なのですが。
                それか勉強じゃなくても、何か一つの事を夢中になって学んでくれればそれでもいいです。勉強でも運動でも絵画でも、「逃げずに学ぶ」という事が大事なので。

                「楽しい事」って「なんか楽しい」から一歩抜ける時に「辛い・苦しい」になって、それを越えると自信がついて「やっぱり楽しい」になるんだと思います。そしてそれが「プロ」としての礎になるのではないでしょうか。

                まあこれも「言うは易く、行うは難し」なのですが。。。

                携帯GPS

                0
                  昨日、ちょっと遠くの駅から歩いて帰ろうと思い、しばらく歩いてたら道に迷ってしまいました。
                  もういい大人なのに迷子です。。。

                  「迷ってる!」と気づいた時には、すでに地名も全く分からない未知の場所でした。自分の目的地がどっちの方向かも分かりません。

                  そこで、以前から使ってみたかった携帯電話のナビゲーション機能(auの「EZナビウォーク」)を試すいい機会だと思い、すぐさま利用者登録(月額210円)をしてナビを開始しました。

                  目的地までのルートは、あっさりと自分が歩いてきた道と直角の方向をナビゲートしました。我ながら自分の方向音痴に呆れてしまいます。
                  そのルートは、以外と細い道をも選んでまさに「最短の行き方」を選んでくれるようです。
                  車も通らない様な道なので一瞬「間違えたかな?」という気になる程なのですが、地図の表示も以外に見易く、曲がる場所の300m・100m・50m前と曲がるポイントで「右に曲がって下さい」などの音声案内があるので、非常に分かり易く使えました。

                  もちろんナビ通りに歩いたので難なく無事にたどり着く事が出来ましたが、携帯電話のナビ機能がこんなに使い易いとは思いませんでした。
                  まあそんなに道に迷う事自体あまりないとは思うのですが、いざという時に非常に役に立つ機能である事は実感できました。

                  たった10年前までは、こんなものが簡単に手に入るようになるとは思わなかったのに。。。
                  いつも思うのですが、テクノロジーの進歩ってすごいです。

                  人生を成功させる方法

                  0
                    「人生を成功させる方法」について、色んな手法が色んなところで紹介されていますが、少し前にこういう意味の一文を目にしました。

                    人生を成功させる方法はたくさんあって、それは実に簡単な事を毎日繰り返すだけである。
                    ただ、それを成功するまで毎日続ける事だけが難しいのだ。


                    なるほどなあ、と思いました。
                    確かに「体に良い事」や「教養がつく事」など、自分を高める為に必要な事って非常にシンプルな行為が多いような気がします。毎日の運動、食事の節制、読書、ちょっとした勉強、等々。。。
                    ただそのシンプルな事が何年・何十年どころか、数週間続ける事が難しいのです。

                    きっと、「シンプルな事」は毎日の「少しシンプルじゃない出来事」に蹴落とされてついほったらかしにされてしまうのでしょう。
                    日本の大人は、シンプルじゃない事で振り回される事が多いですし(笑)

                    毎日何か自分の為になる事を続ける。。。
                    それだけで「人生が成功する」と断言できるかどうかは疑問ですが、「人生が豊かになる」という事は断言しても良いのではないでしょうか。
                    (その「豊かさ」も人によって違うという意見もあるでしょうが。。。)

                    謙虚に精進を

                    0
                      昭和落語会の巨匠・古今亭志ん生の言葉に、とても身の引き締まる思いのする言葉がありました。

                      「うめいとか、うまくねえとか他人(しと)のやってるのをきいて、そういうことを言うについちゃァ、別にモノサシがあるわけじゃァありませんが、
                      まァ、他人の噺ィきいてみて、『こいつァ、俺よりまずいな』と思ったらまず自分と同じぐらいの芸ですよ。
                      人間にゃ誰だって多少のうぬぼれがありますからね。
                      『俺と同じくれえかな』と思うときには、向こうのほうがちょいと上で
                      『こいつァ、俺より確かにうめえや』と感心した日にゃァそりゃァもう格段の開きがあるもんですよ」

                      人間は謙虚に精進しなければいけないと言う事を、的確な言葉で教えてくれてます。

                      また僕が最も好きな作家、吉川英治も「我以外すべて師なり」という格言を残しています。
                      もしかすると偉大な人ほど、自分の実績に対して謙虚なのかもしれません。
                      だからこそたゆまぬ精進があるのでしょう。

                      僕ももっともっと、頑張らなければ…。

                      << | 2/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜
                      人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜 (JUGEMレビュー »)
                      藤巻 幸夫
                      フクスケのリブランドで有名な、藤巻さんの「人脈構築指南」です。読み易くて、とても参考になります。

                      recommend

                      デザインのデザイン
                      デザインのデザイン (JUGEMレビュー »)
                      原 研哉
                      名著です。
                      デザインだけでなく、もの作りに携わる人全てに読んでほしい一冊です。

                      recommend

                      チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび
                      チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび (JUGEMレビュー »)
                      南陀楼綾繁
                      素朴でかわいいデザインが目白押しです。イラストを眺めてるだけでゆる〜い気分になれます。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM